「アイたちの学校」 第37回日本映画復興奨励賞受賞!
「アイたちの学校」にもう一つの勲章です。2020年3月21日、日本映画復興会議において『アイたちの学校』の高賛侑監督はじめスタッフ一同に対し、日本映画復興奨励賞の受賞が発表されました。 日本映画復興賞は社会派の巨匠・故山本薩夫監督(「戦争と人間」、「華麗なる一族」「白い巨塔」等)の発意によって始まったものであり、歴代の受賞者は仲代達也、三国廉太郎、熊井啓、山田洋次といったまさしく日本映画の頂点に立つ方々の名前が連なっています。 今回の受賞はまことに光栄なことであり、朝鮮学校の権利を守るための上映活動にも大きな励みになります。日本映画復興会議および多くのご支援をくださった方々に改めて深くお礼申し上げます。

■日本映画復興賞フェイスブックより https://www.facebook.com/日本映画復興賞-101332841467105/?modal=admin_todo_tour

日本映画復興会議は、2019年度の日本映画復興賞を下記の通り決定しました。  今年度の作品・活動を対象とする第37回日本映画復興賞においては、日本映画復興賞1件、日本映画平和賞2件、日本映画復興奨励賞3件、特別賞1件、感謝状1件の贈呈を決定しました。

■第37回(2019年度)日本映画復興賞受賞者
◎日本映画復興賞 ・『時の行路』の神山征二郎監督はじめスタッフ一同
◎日本映画平和賞 ・石子順氏 ・『陸軍前橋飛行場』の飯塚俊男監督はじめスタッフ一同
◎日本映画復興奨励賞 ・『新聞記者』の藤井道人監督、『i 新聞記者ドキュメント 』の森達也監督、両作品のプロデューサーの河村光庸氏はじめスタッフ一同 ・『星に語りて Starry Sky』の松本動監督はじめスタッフ一同 ・『アイたちの学校』の高賛侑監督はじめスタッフ一同
◎特別賞 ・故 大澤豊氏
◎感謝状 ・故 片桐直樹氏